NYC情報

東京とニューヨークの物価の比較編(1)


くたばれブルーバーグのページで紹介したように、2003年5月4日をもって
ニューヨーク市営の地下鉄やバスの運賃が上がる。 いままでは地下鉄 と
バス(急行バスを除く)は一律$1.50(180円くらい) だったのに、一気に
2ドルに上がる(240円くらい)。回数券(プリペイド・メトロカード)は15ドル以上
買うと10%ボーナスでつく(それは以前と同じ)。そして1日乗り放題のパスが4ドルから
7ドルに上がる。地下鉄やバスを使って通勤・通学する人にとっては無視できない出費増加だ。
(こちらでは日本のようにバイトでも正社員でも自動的に会社が交通費を支給する習慣はあまりないらしい。
働く前に(雇用契約の交渉時)に車代を毎月いくら会社が出すとか、そうやって交渉する場合はあるらしい。

とにかく、ブルームバーグはこの厳しい時期に一般庶民(中流・下層階級)から
金を搾取するつもりであり、それは許されるべきではないと思う。
まったく、ブッシュもそうだが、国内の経済や一般市民の生活のことを
あまり考えているとは思えない。

NYC Transit 市営地下鉄とバスの運賃 - 2003/05/04をもって変更
Old Fares 旧運賃 New Fares 新運賃 
Pay-per-Ride(一律) $1.50 $2.00
1-Day Fun Pass(1日乗り放題) $4 $7
7-Day card(7日乗り放題) $17 $21
30-Day card(30日乗り放題) $63 $70
7-Day Express Bus Plus - $33
30-Day Express Bus Plus $120 discontinued


ニューヨーク市営地下鉄についてのマメ知識
Facts about the NYC subway

1904年10月27日、開通式で熱心な市長が運転すると言い張って役人や招待客を乗せた地下鉄の初運行を何キロも運転したという。 ニューヨーク市営地下鉄は終電がなく、24時間走っている。もっとも深夜では本数も少ないので時間はかかる。 一律$1.50 (2003/5/4に$2.00に値上げ)で改札を出るまではどこまで乗っても同じ運賃。 昔は車両にgrafitti(落書き)がたくさん書いてあったり、場所や時間によっては危険だったが ジュリアーニ前市長の治安改善政策によって近年はだいぶキレイで安全になった。


NYC地下鉄の歴史についてはこちらのページ (web) [英語]


に戻る